青年会議所とは

青年会議所とは

青年会議所(JC)は”明るい豊かな社会”の実現を同じ理想とし、次代の担い手たる責任感をもった20歳から 40歳までの指導者たらんとする青年の団体です。
青年は人種、国籍、性別、職業、宗教の別なく、自由な個人の意志によりその居住する各都市の青年会議所に入会できます。
50余年の歴史をもつ日本の青年会議所運動は、めざましい発展を続けておりますが、現在720の地域に4万余名の会員を擁し、全国的運営の総合調整機関として日本青年会議所が東京にあります。
全世界に及ぶこの青年運動の中枢は国際青年会議所ですが、112カ所の国及び地域に100NOM(国際青年会議所)があり、約27万人の会員が国際的な連携をもって活動しています。
日本青年会議所の事業目標は、”社会と人間の開発”です。その具体的事業としてわれわれは市民社会の一員として、市民の共感を求め社会開発計画による日常活動を展開し、「自由」を基盤とした民主的集団指導能力の開発を推し進めています。さらに日本の独立と民主主義を守り、自由経済体制の確立による豊かな社会を創り出すため、市民運動の先頭に立って進む団体、それが青年会議所です。

秩父青年会議所とは

わたくしたちは、秩父市の市民であることに誇りと責任を感じております。市政施行以 来、市勢の進展はきわめて顕著にして、産業文化に、観光に限りない発展が約束されている。
秩父をより美しく、より豊かな郷土につくりあげることは、わたくしたち市民一人一 人が常に心がけなければならない責務だと思います。
わたくしたちは近い将来、秩父市をリードしていかなければならない立場にあることを 自覚し、青年の英智と、勇気と、情熱をもって、政治、文化、社会、経済問題をも研究し、 より一層の努力をかたむけることは、時代の要望であり、秩父市のわたくしたちにかける 大きな期待だと思います。
日本をはじめ全世界67ヵ国に「よりよい社会の実現」を目的とした指導的青年経済人の 集りがあります。わたくしたちは、これら青年会議所の活動が、たがいの理解と友情を深 めあい、社会的責務をはたしていく姿に接し、この組織こそ、わたくしたちに必要不可欠 なものだと思いました。
世界を結ぶ青年会議所の意味することをよく理解し実践にあたるならば、楽しい家庭を、 あたたかい社会を、明るいまちを、美しい都市を、豊かな郷土を、立派な秩父市をつくり あげていくことでしょう。
この理想を現実のものとするためにも、わたくしたちは青年会 議所の設立に、あなたがたのご理解と、積極的なご協力を、お願いしてやまない次第です。

秩父JCの沿革

設立 昭和38年1月20日
日本JC加入承認 昭和38年5月24日(承認番号238)
社団法人設立総会 昭和55年1月19日
社団法人許可 昭和55年3月11日
公益社団法人への移行 平成25年12月27日

2017年決算書

以下リンクより閲覧が可能です(PDF形式)。

  • 正味財産増減計算書(税込) (PDF **KB)
  • 正味財産増減計算書内訳表  (PDF **KB)
  • 貸借対照表(税込)     (PDF **KB)
  • 貸借対照表内訳表      (PDF **KB)
  • 財産目録          (PDF **KB)
  • 財務諸表の注記       (PDF **KB)
  • 付属明細表         (PDF **KB)
  • 監査報告書         (PDF **KB)