会員交流委員会

委員長 横田 徹

“一人の百歩より百人の一歩” 青年会議所運動とは優れた一人が行うものではなく、多くのメンバーが足並みを揃えて行うものであり ます。いかに行動力がある人間が一人で百歩進もうと、それでは街を変える事には繋がりません。「この 街をより良く、この街に住む人々の為に、未来を担う子ども達の為に」と高い志を持った仲間が歩調を合 わせ、1つの方向に向かう事が青年会議所運動の在り方ではないでしょうか。そして会を構成するメンバ ーの数が多ければ多いほど、その一歩は大きくなっていくものだと思います。 本年度、当委員会ではその青年会議所運動の根幹である会員拡大を主として活動して参ります。20 歳から40歳と限られた世代で活動する秩父青年会議所が存続していく為に、会員拡大を永続的に続け なければ組織は先細りになります。5年後、10年後といった近未来を考えると、秩父青年会議所のメンバ ー一人ひとりが圧倒的な当事者意識を持ち、一丸となって会員拡大を行っていくことが、ちちぶ地域の 明るい豊かな社会実現において最も重要な事だと考えます。しかしながら、その拡大に向けての高い意 識そのものの持ち方や、永続的に継続していく力、ネットワークの使い方など拡大担当になってみて初め て分かる事が多いのも事実です。メンバー全員が拡大に対する意識を高く持ち、知識や方法論などを得 て一定のレベルまでその重要性を理解する必要があると考えます。そのため当委員会では、一人ひとり の拡大運動に対する意識の底上げを図る例会を開催致します。そして、全メンバーが行う拡大運動の中 軸となって一年間活動していく所存です。 また青年会議所では卒業までに大小あれ、いくつかの試練の山を超えなくてはいけません。時としてそ れが大変困難なものであると分かっていても、自ら進んでいかなくてはならない事もあります。そういった 局面で重要なのは会員同士の友情と、その事情を理解してくれる家族との絆ではないでしょうか。心から 理解できる仲間がいればどんな難局でも乗り越えていけ、家族の理解、協力を得られていれば物事がよ りスムーズに進むと思います。当委員会では、メンバー同士もより深くお互いを知るように、また、家族親 睦も大切にし、親睦事業を行ってまいります。そして、新入会員がこの会をより楽しめるようバックアップを 忘れず、友情の輪を広げ組織の強靭な土台にしていきたいと思います。 立場や役割、その使命感が人を成長させます。秩父はんじょう博では新入会員を中心に事業を構築し、 設営していきたいと思います。 2019年度、会員交流委員会は秩父青年会議所の次の世代を担う人財の発掘と、メンバー相互の強 固な絆づくりを行い、自らに挑戦し続け活動してまいります。

副委員長 井上 公仁

副委員長 熊崎一仁

本間 亮佑

向井 芳文

各種委員会の紹介