60周年実行委員会

実行委員長 新井康仁

誰もが誇ることができる郷土としての発展を願って秩父青年会議所が船出したのは、高度経済成長が黎明期を迎えつつあった1963年、新たなテクノロジーやライフスタイルによって、日本全体が大きく変貌しようとしていたまさにその時のことでした。

以来、諸先輩方の貢献と情熱、そして何よりこのちちぶの地をより素晴らしいものにしたいという若い力の結集により、「修練」「奉仕」「友情」の三信条の下、秩父青年会議所では様々な活動、運動が行われてきました。

そして、60周年という節目を迎える2022年、日本は新型コロナウイルスによって今また大きな転換期を迎えております。このような状況下で60年という歴史の重さを感じ、それらを担っていく責任に改めて身が引き締まる思いです。

60周年を迎えるにあたり、これまでにご理解ご協力をいただいたちちぶ地域の皆様、また諸先輩方と関係諸団体の皆様の地域への多大なる貢献に敬意を表し、感謝すると共にそれらに恥じることのない、ちちぶ発展のための若きリーダーとして決意を新たにするため、記念式典・記念事業を開催致します。歴史を知る。そして前へ。全会員が同じ方向を向いて進んで行くことができるよう、一人ひとりが主体的に「自分のふるさとちちぶ」に想いを共有する新たな幕開けの大きな一歩としてまいります。

60年という長い歴史の中で秩父青年会議所は、時代に即して様々な創意工夫を凝らしてきました。私たち現役世代は、節目の今だからこそ改めて原点を再確認、見つめ直し、そこから大きく、高く未来へと飛翔していければと考えております。そのステップボードとするべく創立60周年近未来運動指針を策定してまいります。

青年会議所の活動に貢献してきたメンバーの卒業式もまた、重要な行事です。それぞれのこれまでの活動を振り返ると共に、何物にも代えがたい青年会議所での経験や人脈を活かしてそれぞれの船で大海へと漕ぎ出していく卒業生の前途を祝い、一人ひとりが輝ける未来を祈念する会として開催致します。

私たち秩父青年会議所の活動エリアは、1市4町の広範囲に及んでおり、行政機関・関係諸団体との緊密な連携や、地域の皆様のご助力を賜ることにより、1のものが10にも100にもなると考えます。そこで私たちの活動を円滑且つ効果的に広めていくために、積極的な行政機関・関係諸団体との連携協力が必要不可欠となります。そのトップランナーとして地域や団体、行政を舫(ルビ もや)う役割を果たすことが、私たち秩父青年会議所に求められている役割であるということを常に念頭に置き、行動してまいります。

~変化を恐れず、伝統を生きる~

コロナ禍で先行きが不透明な時代に私たち秩父青年会議所は60周年を迎えることとなりました。過去から未来へ、私たちの航海はこれからも続いてまいります。60周年という大きな節目にあたって、諸先輩方、そして私たちの先祖が作り上げてきたちちぶ地域という強堅なベースに感謝しつつ、この変化の中で先頭を切って漕ぎ出し、地域に貢献し、発展のために奉仕し続けていくことを今一度地域の皆様との、そして歴史との約束として深く心に刻みながら前進してまいる所存です。


事業計画

1.60周年記念式典の開催

2.60周年記念事業の開催(ちちぶ地域活性化事業)

3.創立60周年近未来運動指針の作成

4.卒業式の開催

5.行政機関との連携・協力(いってんべぇウォーキング)

6.SDGsの推進

7.例会運営