60周年準備特別委員会

メンバー紹介


特別委員長 増田 慎

    勤務先

< ㈲喜多園 増田商店 >

<委員長方針>

 公益社団法人秩父青年会議所は1963年に明るい豊かな社会の創造を目指し、全国で 238番目の青年会議所として誕生して以来、来年度で60周年を迎えます。

 本年度はその準備をする年として、会員一人ひとりが主体的に来る60周年を捉えられ るよう、これまで秩父青年会議所で行って来た事業や、活動方針について学ぶ事業を開催 します。また、周年の意義とは何かを再考すると共に、60周年記念式典及び記念事業を 検討する事業を行い、メンバー全員で目標を共有し強固な絆で結びつき、素晴らしい60 周年に繋げて行きたいと考えます。

  当委員会の大きな担いの一つとして「地域活性化事業の開催」があります。この地域に 暮らし、この地域を知っている(知ろうとしている)我々だからこそできる地域の活性化、 まちづくりとは何か。それはちちぶ地域の様々な団体、行政機関等とパートナーシップを 組み、ちちぶ地域が抱える問題を的確に捉え、その解決に向け実践できる事です。

 では、地域が活性化するとはどのような状態でしょうか。勿論、経済的な活性化、人口増加等が挙げられますが、根源的にはそこに暮らす一人ひとりがエネルギーに溢れ生き生 きとしている事であると考えます。

  当委員会はちちぶに住まう人たちの内発的なエネルギーを呼びおこす事こそがちちぶ地 域が活性化する鍵であると考え、様々な団体と協働しながら、参加者一人ひとりが主役に なり、生き生きと自己表現していただける市民参加型の事業を開催します。

 本事業を通じて市民が地域の事を自らの事として捉え、魅力あるちちぶを創っていく、 地域の事は市民が主導的に解決していく。そのような市民主体の地域を創る事で持続可能 なちちぶ地域の実現、SDGs達成に貢献して参ります。

  卒業式では卒業生のこれまでの青年会議所運動の軌跡を紹介すると共に、新たな門出を 祝い、益々の飛躍を祈念する会を開催します。

 理事長の掲げるスローガン「夢を語れ!~いつの時代も世を創るのは青年の夢である~」 のもと、夢を語り合い、実践する過程で実現可能な目標へと昇華させ、具現化させられる よう委員会一同全力で組み取り組んで参ります。

副委員長

井上貢輔

勤務先

< 有限会社ちちぶ工房 >

副委員長

濱田敏之

勤務先

< 浜田会計事務所 >

委員 加藤正樹

勤務先

Italian Dining&Cafe TRAGHETTO

委員 倉持賢一

勤務先

合同会社ティーボックス

委員 北堀敬一朗

勤務先

< ホテル美やま >

委員 佐藤 魁

勤務先

ナイトラウンジBOSS

委員 番場大吾

委員 安田俊樹

勤務先

< 有限会社やすだ >

<事業計画>

1.60周年に向けて(公社)秩父青年会議所の歴史の編纂 2.60周年記念式典および記念事業の検討 3.ちちぶ地域活性化事業の開催 4.行政機関との連携・協力(いってんべぇウォーキング 等) 5.SDGsの推進 6.例会運営