総務委員会

委員長挨拶

委員長 関根 翼

令和という新しい時代が幕を開け、世の中が目まぐるしいスピードで変化を遂げる現代において、このちちぶを次世代に繋いでいくには、我々青年一人ひとりの成長が不可欠です。その成長の場であるこの秩父青年会議所の屋台骨となって支えていくことが総務委員会の責務であります。

青年会議所はその名の通り、会議によって事業を作り上げます。青年会議所がより良い活動を続けていくには、事業の根幹である会議の生産性・効率の向上を常に考えなければなりません。そのため、会議資料の作成ルールの再確認や、ゆとりを持った資料配信を徹底することで、限られた会議の時間の中で参加者が議論に集中できる環境を整えてまいります。また、ひとりでも多くのメンバーの意思・意見が反映される会議づくりのため、各種会議の出席率向上に向けた取り組みも行ってまいります。

当組織の最高決定機関である総会に関しては、メンバーが総会の意義を再確認してもらうよう働きかけ、秩父JCの一員として積極的な出席を促し、総会出席率の向上を図ります。理事会では、各委員会から理事以外のメンバーもオブザーバーとしての参加を促し、事業に至るまでの経緯や苦労、そこにある想いに触れてもらうことで、メンバーの当事者意識やJC活動へ参加意欲の向上を図ります。

そのほか、SDGs推進に向けた取り組みも引き続き行ってまいります。様々な事業にも関わるSDGsについてメンバーの理解を深める機会を設けることで、SDGsの推進がより意識された事業が行われるよう努めます。

会議によって事業を作り上げる青年会議所の性質上、その会議の運営を担う総務委員会の責務は非常に重要なものであります。たとえ小さな努力であっても、総務委員会の努力はメンバー一人ひとりに影響し、やがて全体として大きな力へと変わるはずです。この一年間を通じて秩父青年会議所が大きな成長を遂げられるよう、委員会一丸となって力を尽くしてまいります。


事業計画

1. 総会の設営、運営、理事会資料の配信及び理事会の設営

2. 各種会議の議事録作成

3. 会員名簿「なかま」の発行

4. 名刺の作成

5. 3C 協議会への参画

6. サマーコンファレンスへの参画

7. 例会運営

8. 三分間スピーチの実施

総務委員会メンバー